ENGLISH 作品一覧 プロフィール お問い合わせ先 よせがき ごあいさつ ほしづる
星新一タイトル画像
  Editor's Pick 
コミック星新一

LATEST NEWS

 
2016.05.24
5月27日、筑波大学の図書館情報学図書館にて Pepper 朗読会 があります。ロボット Pepper が「きまぐれロボット」を朗読します。
2016.05.21
6月12日にテレビ新広島のスタジオで開催されるにしき堂 presents 朗読の時間 Vol.16 〜 六月の雨音 〜 にて、TSSのアナウンサーによる星作品の朗読劇があります。「薬のききめ」(朗読・深井瞬、棚田徹、青坂匠)と「ふしぎな放送」(朗読・西山穂乃加、棚田徹、天野陽子、青坂匠、加藤雅也)です。
2016.05.18
webちくまに「最相葉月のさいとぴ」の連載第2回「人工知能が小説を書く日(後編)」が掲載されました。
2016.05.13
Editor’s Pick のページを更新しました。
2016.05.09
インターネットラジオステーション<音泉>で、5月9日から2週間配信される月の音色 〜radio for your pleasure tomorrow〜 にて、大原さやかさんによる「ゆきとどいた生活」の朗読があります。
2016.05.08
5月14日、同志社大学アニメーション・ヴォイス研究会主催の「古川慎・田丸篤志トーク&朗読イベント 〜京都の星に包まれて〜」にて、「生活維持省」と「報酬」の朗読があります。
2016.05.06
寄せ書きを更新しました。今回の寄せ書きは、学校法人星学園 泉幼稚園長の村木亨さんです。星新一直筆の手紙も公開しています。
2016.05.04
ホシヅル図書館にて、タイトル変更リスト(和田信裕・編)を公開しました。
2016.05.01
5月の新潮文庫「キュンタの本棚」フェアに『エヌ氏の遊園地』が選ばれました。5月1日より店頭に並びます。『エヌ氏の遊園地』は、今年で単行本の刊行から50年です。
2016.04.30
5月11日にキノブックスより発売の『ショートショートの缶詰』(田丸雅智・編)に「鍵」が収録されます。
2016.04.28
電通報に、AIが小説を書く時代の「創作」とは と、AIは小説を楽しめるのか? が掲載されました。松原仁さん、又吉直樹さん、吉崎圭一さん(電通)の鼎談です。
2016.04.27
5月2日に集英社より発売の「冒険の森へ 傑作小説大全」の第7巻『牙が閃く時』(編・逢坂剛、大沢在昌、北方謙三、夢枕獏)に「不満」が収録されています。
2016.04.26
3月11日に日経ストアにて配信を開始した日経「星新一賞」第三回受賞作品集は、ダウンロード数が2,400になりました。この電子書籍は、PC(Windows)、スマートフォン、タブレットなどで無料で読むことができます。MacとKindleにはダウンロードできませんのでご了承ください。
2016.04.26
ウェブ版の電通報にて、日経「星新一賞」表彰式と「きまぐれ人工知能プロジェクト 作家ですのよ」の応募報告会が紹介されています。
2016.04.25
webちくまにて「最相葉月のさいとぴ」の連載がはじまりました。第1回は「人工知能が小説を書く日(前編)」です。
2016.04.20
柴田元幸さん編集の日本文学の年刊英訳アンソロジー『Monkey Business vol.6』(2016年版)が発売になりました。「肩の上の秘書」(ジェイ・ルービン訳)が収録されています。英語タイトルは「Shoulder-Top Secretary」です。
2016.04.18
4月29日に横山隆一記念まんが館より発売になる『大フクちゃん展 展示図録』増補改訂版に、エッセイ「隆一漫画とは」が再録されます。
2016.04.14
4月30日、かもがわ出版より発売になる『子どもの心に本をとどける 30のアニマシオン』にて、「ユキコちゃんのしかえし」の物語のしかけを推理する教材「物語カード」が紹介されています。
2016.04.09
今日からはじまる文京区立森鷗外記念館の特別展「私がわたしであること ― 森家の女性たち 喜美子、志げ、茉莉、杏奴 ―」にて、星新一の文章に影響を与えた祖母・小金井喜美子の自筆原稿等が展示されます。喜美子は森鷗外の妹。歌人で翻訳家でした。
2016.04.07
2015年4月よりNHKアーカイブス「NHK名作選 みのがし なつかし」のコーナーで紹介されている星新一原作のダイジェスト映像2本は、ひきつづき公開中です。連続人形劇「宇宙船シリカ」の第123話「イクチオザウルスの最後」(1961年)の映像約3分と、「星新一 ショートショート」シリーズのアニメ「約束」(2008年 半崎信明・制作)の映像約1分半です。
2016.04.06
今月重版の『地球から来た男』より星新一の角川文庫にはホシヅルの共通帯がつきます。
2016.04.05
Editor’s Pick のページを更新しました。
2016.04.02
寄せ書きを更新しました。今回の寄せ書きは、星新一の甥の星一良さんです。
2016.04.01
新潮社「作家自作を語る」サイトにて、星新一が『たくさんのタブー』について語った音声を聴くことができます。1976年当時、執筆量が減っていた理由についても語っています。
2016.03.29
2014年11月に放送されたTOKYO MXの 東京号泣教室 〜 ROAD TO 2020 〜 第57回「空気を読むな 本を読め」(講師:小飼弾)を収録したDVD「東京号泣教室 DVD-BOX vol.5」が、4月8日に発売になります。東京パフォーマンスドールが『声の網』の帯コピー作りに挑戦しました。
2016.03.25
本日のテレビ朝日「羽鳥慎一 モーニングショー」にて「きまぐれ人工知能プロジェクト 作家ですのよ」から星新一賞に応募した作品が紹介されました。
2016.03.25
PC Watch にて、3月21日におこなわれた研究発表会「人工知能は小説を書けるか」の詳細が紹介されています。
2016.03.25
「きまぐれ人工知能プロジェクト 作家ですのよ」より星新一賞に応募した2作品を公開しました(今の段階ではすべてAIの創作ではなく人間が関与しています)。そのうちの1作「コンピュータが小説を書く日」の類似作品(バリエーション)を、コンピュータが生成する様子をYouTubeにて公開しています。
2016.03.24
本日の日本経済新聞にて、第3回星新一賞受賞者&審査員のコメントおよび授賞式の模様が紹介されています。
2016.03.22
日本経済新聞読売新聞毎日新聞などに、星新一賞に応募した人工知能作品についての記事が掲載されました。
2016.03.22
本日のNHK「おはよう日本」のニュース「人気作家たちの肉声テープ発見」にて、星新一が自作『たくさんのタブー』について語った音声(1976年録音)の一部が紹介されました。この音声テープ(約2分半)は、4月1日より新潮社のウェブサイトにて公開されます。
2016.03.21
本日のNHKニュースにて、きまぐれ人工知能プロジェクト 作家ですのよ が星新一賞に応募した作品が紹介されました。
2016.03.20
都立青山霊園の著名人マップ「作家・評論家篇」にて、星新一が紹介されています。青山霊園管理事務所で配布中です。
2016.03.17
日経「星新一賞」公式ウェブサイトにて、第3回の受賞者のプロフィールとコメント、ならびに審査員のコメントが公開されました。
2016.03.16
2011年3月26日に、当時の新井素子会長と井上雅彦事務局長のもと JapanGiving にてスタートした日本SF作家クラブの震災募金運動「SF作家とSFファンとで力をあわせ、被災した方々を応援しよう!」は、今月11日に終了いたしました。5年間に424人の方のご協力を得て集まった2,519,000円は、募金開始直後より数回にわたり CIVIC FORCE へと寄付されました。
2016.03.12
日経ストアにて、日経「星新一賞」第3回受賞作品集の配信がはじまりました。ダウンロードは無料です。収録作品は、一般部門・6編、学生部門・3編、ジュニア部門・5編の計14編です。
2016.03.08
第3回日経「星新一賞」の結果が発表になりました。各部門のグランプリは、一般部門が佐藤実さんの「ローンチ・フリー」、学生部門が松尾泰志さんの「2045年怪談」、ジュニア部門が新井清心さんの「無色の美しさ」に決まりました。一般部門優秀賞(JBCCホールディングス賞)の相川啓太さんは3年連続の受賞、ジュニア部門優秀賞の黒沼花さん(小学6年生)は2年連続の受賞となりました。おめでとうございます。
2016.03.08
3月21日、電通ホールにて、きまぐれ人工知能プロジェクト 作家ですのよ主催の研究発表会「人工知能は小説を書けるか」があります。聴講をご希望の方は、3月14日までにお申し込みください。詳細は、こちら
2016.03.07
3月6日のNHK-FM きらクラ!番組内「BGM選手権」のお題は「オアシス」でした。結果発表は3月13日。らじる★らじる での同時配信もあります。(「オアシス」は新潮文庫『ボンボンと悪夢』に収録されています)
2016.03.06
3月21日に練馬区の兎亭でおこなわれる演劇ユニット「さんばんちゃ」の朗読会にて「味の極致」「ちがい」「友情の杯」の朗読があります。
2016.03.02
寄せ書きを更新しました。今回の寄せ書きは、作家の島田雅彦さんです。
2016.03.01
3月の新潮文庫「おとなの時間」フェアに『ノックの音が』が選ばれました。3月1日より店頭に並びます。
2016.02.28
3月3日のBSジャパン「日経プラス10」は、きまぐれ人工知能プロジェクト 作家ですのよ の松原仁さんがゲストの「人工知能が小説を書いた! 将来『AI創作物』の権利はどうなる?」です。
2016.02.26
音とお話のユニットおとばなによる「ボッコちゃん」の朗読があります。3月5日には千葉県の野田市野田公民館、3月12日には茨城県行方市の「森の玉手箱」にて。フルートとギターと語りのコンサートです。
2016.02.25
2月19日の日経MJのトレンド欄にて、AI「作家ですのよ」の試作ショートショートがイラスト付きで紹介されました。
2016.02.10
2月9日発売のちくま文庫『暴走する正義 巨匠たちの想像力〔管理社会〕』(日本SF作家クラブ・企画協力)に「処刑」が収録されています。
2016.02.09
ホシヅルマグカップ(ブルーとオレンジ)は完売いたしました。次回の販売時期は現在検討中です。
2016.02.05
2月1日、星製薬のご厚意により、星一社長当時の看板等をお譲りいただきました。写真館にて、その一部を公開しています。



日経「星新一賞」



  過去のニュース      プロジェクト       エヌ氏の会       ホシヅル ムービー 
[ HOME | ホシヅル図書館 | プロフィール | お問い合わせ先 | ごあいさつ | 寄せ書き | アイコン | サイトポリシー | 会社概要 | ENGLISH ]

© 2008 - 2016 The Hoshi Library