ENGLISH 作品一覧 プロフィール お問い合わせ先 よせがき ごあいさつ
星新一タイトル画像

LATEST NEWS

 
2019.05.22
ホシヅル図書館のショートショートリストと教科書リストを更新しました。また、新しく長編リストを公開しました。長編、中編、伝記など、ショートショート以外の作品のリストです。
2019.05.21
9月28日、朝日カルチャーセンター新宿教室にて、今野寿美さんの《シリーズ歌集を読む》の講座〈鷗外の妹・小金井喜美子の『泡沫の歌』を読む〉があります。本講座は、『森鷗外』著者の今野寿美さんと、『泡沫の歌』編者の星マリナの対談形式の公開講座です。小金井喜美子の和歌が、星新一のショートショートにあたえた影響についても検証します。
2019.05.18
5月26日、関西大学の高槻キャンパス祭にて、演劇サークル劇団万絵巻による〈心 星新一ショートショート6選〉の公演があります。演目は「ボッコちゃん」「なるほど」「アフターサービス」「鍵」「四で割って」「殉教」です。
2019.05.14
8月23日、NHKエンタープライズより、DVD「空中都市008 竹田人形座の世界」が新価格で再発売となります。半世紀前に放送された星新一、手塚治虫、小松左京原作のNHK人形劇が、それぞれ1話ずつ収録されています。収録回は以下。
星新一原作「宇宙船シリカ」1961年3月17日放送 第123回「イクチオザウルスの最後」
手塚治虫原作「銀河少年隊」1964年9月17日放送 第67回「月の廃墟」
小松左京原作「空中都市008」1970年1月1日放送「北極圏SOS」
2019.05.11
東京芸術劇場〈ボッコちゃん 〜 星新一ショートショートセレクション〉公式サイトにて、観劇レポート(現在韓国で上演中)と、演出家のチョン・インチョルさんのインタビューが公開されました。東京公演は、5月30日より。
2019.05.10
ホシヅル図書館にて、エッセイリストを公開しました。現在市販されている書籍(単著)に収録されているエッセイのタイトルを、あいうえお順にならべたリストです。
2019.05.09
5月8日の読売新聞夕刊「よみうり寸評」にて、「オリンピック二〇六四」(『つぎはぎプラネット』所収)が紹介されました。
2019.05.05
寄せ書きを更新しました。今回の寄せ書きは、第5回日経「星新一賞」グランプリ受賞者の八島游舷さんです。
2019.05.02
5月31日、多摩市のココリア多摩センターでおこなわれるアンシャンテの朗読会〈万華鏡 Vol.37 大人の戯言〉にて、「殺し屋ですのよ」の朗読があります。
2019.04.24
過去のニュースのページをリニューアルしました。本サイトを開設してからの代表的なニュースと、各年に新刊・復刊・新装となった国内外の単著をまとめて記載しています。
2019.04.14
日経「星新一賞」公式ウェブサイトにて、第6回の受賞作品詳細を公開しました。受賞作品の電子書籍は、hontoにて無料配布しています。
2019.04.13
5月3日、静岡市の興津坐漁荘記念館でおこなわれる〈春の者語り〉にて、ロウドクシャによる「宇宙の英雄」の朗読があります。
2019.04.10
4月13日放送の「出没! アド街ック天国」(BSテレビ東京・夜9時)にて、星新一が長年住み、好んで散歩した戸越銀座が紹介されます。
2019.04.08
1971年刊の新潮文庫『ボッコちゃん』は、今回の増刷(115刷)をもちまして、累計部数が250万部を超えました。これまでにご購入いただいたすべての読者のみなさまと、お取り扱いいただいているすべての書店のみなさまに、星新一にかわりまして感謝いたします。
ホシヅル図書館のミリオンセラーリストは、こちら
2019.04.06
4月11日に光文社文庫より刊行になる『ショートショートの宝箱 II」に、第5回日経「星新一賞」で優秀賞を受賞された小竹田夏さんの新作「そのとき、においがした」が収録されます。
光文社文庫の Yomeba! では、本書収録作家の最新作を公開中です。
2019.04.04
中国の安徽少年児童出版より、SF短編集《星新一 少年科幻》シリーズ全5巻が刊行になりました(科幻は中国語でSFの意味)。『夢の都市』『感情テレビ』『ようこそ地球さん』『きまぐれロボット』『妄想銀行』の5巻です。
本サイト内ホシヅル図書館の中国語ギャラリーに各書影を掲載しました。
2019.04.03
4月24日〜5月19日、ソウル市のペクソンヒ・チャンミノ劇場において、韓国国立劇団による〈私は殺人者です(나는살인자입니다)〉の再演があります。脚色・演出はチョン・インチョルさん。演目は「ボッコちゃん」「知人たち」「おーい でてこーい」「鏡」「宇宙の男たち」「ひとつの装置」の6話です。本公演は、2017年11月にソウルのパン劇場で上演され、その年の東亜演劇賞の3部門を受賞しています。
東京招聘公演〈ボッコちゃん 〜 星新一ショートショートセレクション〉は、5月30日より東京芸術劇場にて。
2019.04.01
4月20日より世田谷文学館にて開催されるコレクション展〈仁木悦子の肖像〉にて、星新一の年賀状2点と、仁木悦子さんへの個人書簡1点(童話集の感想とSF執筆への誘い)が展示されます。
2019.03.31
本日、スポーツニッポン新聞の連載「ヒーロー巡礼」にて、星新一のお墓が紹介されます。
2019.03.29
4月2日、新潟日報社の夕刊情報紙 Otona+(おとなプラス)に「小金井良精と華麗なる一族」と題した記事が掲載されます。星新一、小金井喜美子、森鷗外、星一ほかを紹介しています。(朝刊との同送地域は3日)
2019.03.22
本日の日本経済新聞(朝刊)にて、第6回星新一賞表彰式の模様が紹介されています。グランプリ受賞者のコメントと作品のあらすじ、審査員の選評なども掲載されています。受賞作品(3部門・全15編)を収録した電子書籍は、hontoから無料でダウンロードできます。
2019.03.15
2月25日に早川書房より刊行になった『快絶壮遊〔天狗倶楽部〕── 明治バンカラ交遊録』(横田順彌・著)の第7章「クスリはホシの『三十年後』」で、星新一の父・星一と、祖父・小金井良精が紹介されています。
2019.03.10
新潮オンラインショップにて、ホシヅルマグカップの新色(ピンク)が発売になりました。
2019.03.08
寄せ書きを更新しました。今回の寄せ書きは、イラストレーターの早川世詩男さんです。
2019.03.06
3月17日、愛媛県松山市の Bar 楽屋でおこなわれる〈未完の玩具箱〉にて、未完の劇団による「ボッコちゃん」の朗読があります。(昼の部、夜の部ともに完売しています。ご了承ください)
2019.03.05
電通報に、第6回 日経「星新一賞」表彰式の記事が掲載されました。
2019.03.05
3月29日と30日、池袋のGEKIPAにおいて、WWW project による朗読公演〈星新一 ノックの音が〉があります。朗読するのは、『ノックの音が』収録の5作品。「暑い日の客」「金色のピン」「和解の神」「しなやかな手」「唯一の証人」です。
2019.03.04
hontoにて、第6回日経「星新一賞」の受賞作品全15編を収録した電子書籍の無料配信がはじまりました。収録作品と作者名は、こちらでご確認ください。第1回から第5回までの受賞作品集もひきつづき配信しています。
2019.03.04
3月16日、お江戸日本橋亭でおこなわれる〈語りの会 万葉〉にて、仲木隆司さんによる「かたきの首」の朗読があります。
2019.03.01
5月30日より、東京芸術劇場にて上演される〈ボッコちゃん 〜 星新一ショートショートセレクション〉の公式サイトがオープンしました。本公演は、2017年に韓国で上演され、東亜演劇賞の3部門を受賞した作品の日本公演(韓国語上演・日本語字幕)です。演出はチョン・インチョルさんで、演目は「ボッコちゃん」「知人たち」「おーい でてこーい」「鏡」「宇宙の男たち」「ひとつの装置」の6話。
本公演ポスター(右)のイラストは真鍋博さんです。







 過去のニュース   プロジェクト     写真帖      エヌ氏の会    ホシヅル動画 
ホシヅル図書館プロフィールお問い合わせごあいさつ寄せ書きEditor’s Pickサイトポリシー会社概要ENGLISH

© 2008 - 2019 The Hoshi Library