ホームへ戻る ENGLISH 寄せ書き ホシヅル図書館 プロフィール お問い合わせ先 ごあいさつ
星新一タイトル画像


 寄せ書き 
角川春樹「星新一氏に寄せて」

角川春樹事務所 代表取締役社長
 姉の辺見じゅんにすすめられて、星新一さんの作品に初めて触れたのは、「おーい でてこーい」だった。 その体験は衝撃的で、それからは、星さんの全作品を一気に読了した。

 一編集者として、私が星さんにお会いしたのは、私が20代後半で、『ちぐはぐな部品』の文庫化をお願いに上がった時である。 星さんのイメージは、その作品世界から、相当、気難しい人だろうと思っていただけに、気さくな人柄に拍子抜けしたことを覚えている。 当時は、ようやくSFが文芸として認められ始めた頃だったが、若手のSF作家は、自嘲を込めて、「士農工商SF作家」と言っていた時代である。

 星さんは、純文学に対して否定的で、「純文学の馬鹿ども」と言い放ったのには、驚いた。 当時、角川文庫は岩波のような名作主義であったが、私はエンタテイメントに路線のシフトを目指していたので、星さんの発言に共鳴したものである。 SF作品が星さんと小松左京さんを中心に台頭するようになっても、星さんが私に対して全く態度を変えなかったことに感銘を受けた。 他のSF作家が時代の寵児となって銀座の文壇バーに毎夜出入りするようになっても、私は星さんをバーで見かけることはなかった。

 私が角川ホラー文庫を創刊し、SF作品は少しずつ下降線をたどり始めた。
 だが、星さんの作品世界は変わらなかった。 それは、星さんのショート・ショートがSFではなく、時代を超越したオリジナルの文芸だったからであろう。 今も、星さんの目尻を下げた笑顔と真逆の辛辣なショート・ショートが浮かび上がってくる。


2014年12月

バックナンバー
 過去のニュース   プロジェクト     写真帖      エヌ氏の会    ホシヅル動画 
ホシヅル図書館プロフィールお問い合わせごあいさつ寄せ書きEditor’s Pickサイトポリシー会社概要ENGLISH

戻る


© 2008 - 2022 The Hoshi Library