ホームへ戻る ENGLISH 寄せ書き ホシヅル図書館 プロフィール お問い合わせ先 ごあいさつ
星新一タイトル画像


 寄せ書き 
赤川次郎「星さん、ありがとう」

作家
 星新一さんとは、パーティでご挨拶したくらいで、ほとんどお話ししたこともないのだが、実は、どんなに感謝してもし切れない思い出がある。

 それは私が三十年以上前に出したショートショート集『勝手にしゃべる女』の新潮文庫版に書いていただいた解説「作者と読者」である。

 私の本は、ほとんど書評などで取り上げられることがない。 だからこの解説で、星さんが「赤川さんの文は、まことに読みやすい」と述べた後、「『さて、自分に書けるだろうか』となって、考え込んでしまうのだ。 そこなんだな。 彼以外、だれにも書けない。 いかにも亜流が出そうで、決して出ない。」

 こんなにすばらしい言葉をもらえた作家がどれだけいるだろうか。 さらに、この本の中の「仕事始め」という作品について、「O・ヘンリーの水準を抜いているのではないだろうか。」に至っては、何度もくり返し読んだものだ。

 私はこれまでも、自分の書きたいものを書きたいように書いて来た。 しかし、それを人から認められるのはまた違う喜びである。

 しかも、それが尊敬する星新一さんの言葉となれば、格別の思いがある。 この文庫本は、今も私の仕事机の本の山のどこかに必ずおさまって、私を励まし続けてくれている。

2020年4月

バックナンバー
 過去のニュース   プロジェクト     写真帖      エヌ氏の会    ホシヅル動画 
ホシヅル図書館プロフィールお問い合わせごあいさつ寄せ書きEditor’s Pickサイトポリシー会社概要ENGLISH

戻る


© 2008 - 2022 The Hoshi Library