ホームへ戻る ENGLISH 寄せ書き ホシヅル図書館 プロフィール お問い合わせ先 ごあいさつ
星新一タイトル画像


 寄せ書き 
相川啓太「ちょっとした発明の物語」

理学博士・日経「星新一賞」グランプリ受賞者
 父がSFファンだったため、子供のころからSF小説が山のようにある家で過ごしてきました。 当然、本棚には星先生の本もならんでおり、小学生のころは何度もくりかえし読んでいました。 ちょっと変わった発明から物語がはじまり、最初は日常生活の中にまぎれこんでいた「ちょっと」の違和感がとても短い物語の中でみるみるふくらんでいき、最後はとんでもない結末に終わる。 その痛快感が、私が科学に興味を持ったきっかけだったのかもしれません。

 それから私は大学でバイオ系の研究分野を選択して博士号を取得し、今は企業で研究開発をおこなっています。 今の研究も非常に「ちょっと」したものですが、もしかしたら星先生の小説の中の発明のように大きく社会を変えてしまうかもしれないとワクワクしながら日々仕事をしています。


 そんな私が星先生の作品との出会いから数十年たって、星先生のお名前を冠した日経「星新一賞」という賞を頂戴したのですから、「縁というものは本当にあるのだなあ」と不思議な気持ちになりました。

 日経「星新一賞」に投稿する前、二十年ぶりくらいに星先生の作品を購入して読みかえしてみたのですが、インターネットや携帯電話など私が小学生のころにはまだ普及していなかった技術を予見させるようなものが多く描かれており、星先生の先見性にあらためて驚かされました。 今はまだ空想の産物にしか思えないような作品も、五十年後、百年後に読みかえせば、未来を見通していたかのように見えるかもしれません。

 また、日経「星新一賞」の授賞式では毎年、ジュニア部門の受賞者の方々ともお話させていただくのですが、将来は科学者になりたいという小中学生の方が多く、昔の自分を見ているような気持ちになります。 お亡くなりになって二十年ちかくたった今でも、多くの子供たちに知的刺激を与えつづけている星先生の作品は、これからもずっと科学の世界に子供たちを導いてくれると思います。


2016年8月

バックナンバー
俵 万智
かんべむさし
堀 晃小野純一
小梶勝男高梨通夫
草上 仁佐藤 実

長谷敏司田中二郎島田雅彦相川啓太古川伸一
野口聡一二宮由紀子尾川 健矢崎存美和久田み晴
はるな檸檬石黒 浩斎藤 肇村井 源成毛 眞
中垣理子伊藤汎美横田順彌村木 亨日下三蔵
角川春樹森下一仁難波弘之星 一良斎藤由香

太田忠司真鍋 真乙部順子最相葉月南山 宏
鏡 明酒井直人高齋 正大森 望和田 竜
武田友則牧 眞司松原 仁渡辺 東後藤貴志
ボナ植木小松良明森 輝美荒俣 宏北野勇作
北原尚彦夢枕 獏浅羽通明マキタスポーツ藤崎慎吾

新井素子江坂 遊大澤徹訓和田 誠Char
林 敏夫浦沢直樹瀬名秀明井上雅彦和田信裕
筒井康隆大槻ケンヂ眉村 卓山本孝一加藤和代
小松左京とり・みき石川喬司豊田有恒望月一扶
星マリナタモリ高井 信御影たゆた枡野浩一
  過去のニュース      プロジェクト       エヌ氏の会       ホシヅル ムービー 
ホシヅル図書館プロフィールお問い合わせごあいさつ寄せ書きEditor’s Pickサイトポリシー会社概要ENGLISH

戻る


© 2008 - 2017 The Hoshi Library