ホームへ戻る ENGLISH 寄せ書き ホシヅル図書館 プロフィール お問い合わせ先 ごあいさつ
星新一タイトル画像


 寄せ書き 
角川春樹「星新一氏に寄せて」

角川春樹事務所 代表取締役社長
 姉の辺見じゅんにすすめられて、星新一さんの作品に初めて触れたのは、「おーい でてこーい」だった。 その体験は衝撃的で、それからは、星さんの全作品を一気に読了した。

 一編集者として、私が星さんにお会いしたのは、私が20代後半で、『ちぐはぐな部品』の文庫化をお願いに上がった時である。 星さんのイメージは、その作品世界から、相当、気難しい人だろうと思っていただけに、気さくな人柄に拍子抜けしたことを覚えている。 当時は、ようやくSFが文芸として認められ始めた頃だったが、若手のSF作家は、自嘲を込めて、「士農工商SF作家」と言っていた時代である。

 星さんは、純文学に対して否定的で、「純文学の馬鹿ども」と言い放ったのには、驚いた。 当時、角川文庫は岩波のような名作主義であったが、私はエンタテイメントに路線のシフトを目指していたので、星さんの発言に共鳴したものである。 SF作品が星さんと小松左京さんを中心に台頭するようになっても、星さんが私に対して全く態度を変えなかったことに感銘を受けた。 他のSF作家が時代の寵児となって銀座の文壇バーに毎夜出入りするようになっても、私は星さんをバーで見かけることはなかった。

 私が角川ホラー文庫を創刊し、SF作品は少しずつ下降線をたどり始めた。
 だが、星さんの作品世界は変わらなかった。 それは、星さんのショート・ショートがSFではなく、時代を超越したオリジナルの文芸だったからであろう。 今も、星さんの目尻を下げた笑顔と真逆の辛辣なショート・ショートが浮かび上がってくる。


2014年12月

バックナンバー
俵 万智
かんべむさし
堀 晃小野純一
小梶勝男高梨通夫
草上 仁佐藤 実

長谷敏司田中二郎島田雅彦相川啓太古川伸一
野口聡一二宮由紀子尾川 健矢崎存美和久田み晴
はるな檸檬石黒 浩斎藤 肇村井 源成毛 眞
中垣理子伊藤汎美横田順彌村木 亨日下三蔵
角川春樹森下一仁難波弘之星 一良斎藤由香

太田忠司真鍋 真乙部順子最相葉月南山 宏
鏡 明酒井直人高齋 正大森 望和田 竜
武田友則牧 眞司松原 仁渡辺 東後藤貴志
ボナ植木小松良明森 輝美荒俣 宏北野勇作
北原尚彦夢枕 獏浅羽通明マキタスポーツ藤崎慎吾

新井素子江坂 遊大澤徹訓和田 誠Char
林 敏夫浦沢直樹瀬名秀明井上雅彦和田信裕
筒井康隆大槻ケンヂ眉村 卓山本孝一加藤和代
小松左京とり・みき石川喬司豊田有恒望月一扶
星マリナタモリ高井 信御影たゆた枡野浩一
  過去のニュース      プロジェクト       エヌ氏の会       ホシヅル ムービー 
ホシヅル図書館プロフィールお問い合わせごあいさつ寄せ書きEditor’s Pickサイトポリシー会社概要ENGLISH

戻る


© 2008 - 2017 The Hoshi Library