ホームへ戻る ENGLISH 寄せ書き ホシヅル図書館 プロフィール お問い合わせ先 ごあいさつ
星新一タイトル画像


 Editor's Pick 
発売から時間がたっているものをあらためて紹介するページです。
ノックの音が
新潮文庫
1985年9月25日発売
新潮社 電子書籍
2013年6月28日発売
 
1965年に「サンデー毎日」で連載したミステリー風の短編14話に、同年「小説新潮」に発表した1話(人形)を追加したものです。 収録されている15話が、すべて「ノックの音がした」ではじまるのが特徴。 自身が翻訳したフレドリック・ブラウンの「ノック」からインスピレーションをうけた経緯が、あとがきにくわしく書かれています。
講談社文庫から新潮文庫にうつる時点で、すでに100万部をこえていた隠れたベストセラーです。


ノックの音ではじまり、一室内で物語を完結させるのは大変?
  • この点は私にとってそれほどの苦痛ではない。 むしろ書きやすいタイプなのである。 (『きまぐれ星のメモ』収録エッセイ「出不精な作風」より)
  • そもそも私の作品の登場人物たちは、どれもこれも飛びまわるのがきらいである。 おそらく作者の性格の反映であろう。 (出不精な作風)
  • 主人公をあちこち移動させると、読者も頭の切り換えをしなければならない。 その描写をすると、作品が長くなる。 一幕物のドラマだと、短編としてわかりやすい。 (『ノックの音が』あとがき)



2018年1月
バックナンバー
 
祖父・小金井良精の記

コミック星新一ノックの音が
盗賊会社きまぐれ遊歩道
宇宙の声 星新一ジュブナイル・セレクションたくさんのタブー
ほら男爵 現代の冒険気まぐれ指数
おかしな先祖ユキコちゃんのしかえし
夜明けあときまぐれ体験紀行
アシモフの雑学コレクション竹取物語
絵本 星新一ショートショートブランコのむこうで
星新一ショートショート DVD星新一 すこしふしぎ傑作選
ひらめきの法則つねならぬ話


  過去のニュース      プロジェクト       エヌ氏の会       ホシヅル ムービー 
ホシヅル図書館プロフィールお問い合わせごあいさつ寄せ書きEditor’s Pickサイトポリシー会社概要ENGLISH

戻る


© 2008 - 2018 The Hoshi Library